パフやネットを清潔にしてにきび予防

ファンデーションを塗るときに使うパフが汚れていると、にきびの原因となります。ファンデーションを使って化粧を行う方は、定期的にパフを洗浄してみるとよいでしょう。

BIGLOBEニュース関連の情報をたくさん掲載しています。

パフを使うことで、お肌全体にファンデーションをムラなく塗ることが可能です。
ただ、毎日使っていると、パフに脂分がついたり埃がついてしまい、雑菌が繁殖しやすくなるのです。

お肌ににきびができやすい方は、洗浄をおこなって綺麗に保つように気を付けましょう。

パフは、石鹸や洗浄剤を使うことで綺麗にすることができ、にきび予防にも効果的になります。

石鹸でしっかりと洗った後に、十分な水で洗い流し、乾かした後に使うことでお肌の負担も予防できるようになります。
パフを洗浄しただけで、そのまま使ってしまう方もいますが、十分に乾かさないと殺菌することができず、お肌に対する刺激へとつながってしまいます。


洗った後には、十分に乾かすように気を付けてみるとよいでしょう。



また、パフを使った時だけではなく、石鹸を泡立てる時に使うネットについても、定期的に洗浄を行っておきましょう。
洗顔ネットを使った後には、お風呂場や洗面台に濡れたままの状態で放置しがちです。ただ、濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなり、使った時ににきびが起こりやすくなるのです。

予防したいときには、洗顔ネットを使った後に風通しの良い場所で乾かしておくとよいでしょう。



それとともに、抗菌効果のあるネットを使ってみるとよいです。